持続時間で選ぶならシアリス

持続時間で選ぶならシアリス

男性にはEDで悩んでいる方が案外多くいらっしゃいます。
特に多いのが40~60代の男性で、約3人に1人がEDの症状が現れています。
そもそもEDとは、勃起不全のことで、うまく勃起しなかったり、勃起しても持続時間が短かったりしてしまうことです。
勃起が上手くできなければ性行為もできません。男性にとっては大きな悩み事になってしまいます。

EDの原因はいくつか考えられます。
食生活が崩れていることや睡眠時間が足りないこと、運動不足になっていること、年齢を重ねていくとなどです。
これらの原因が解決でき、勃起もするようになれば問題はないのですが、なかなか簡単には解決しないこともあります。
そのような場合には、治療薬を飲むことで改善につながります。

この治療薬にはシアリスというED治療薬があります。
シアリスは2007年から販売開始され、世界シェア42%を誇っています。
シアリスとは商品名のことで一般的にはタダラフィルといいます。
シアリスとタダラフィルは同じ商品のことなので間違えないように注意しましょう。

シアリスは国内での製造・販売がおこなわれており、医師の処方があることで使用できます。
シアリスは服用することで勃起機能を改善する効果があり、種類によって持続時間は変わりますが、24~36時間程度持続してくれます。
他の治療薬とは異なり、効果が長く続いてくれるのが人気が出る理由の1つです。

他のED治療薬では、持続時間がシアリスよりも短く、効き目が途中で切れてしまう心配があります。
性行為の最中に効果が切れてしまっては服用する意味がありません。
その点で、効き目が持続する方が安心して使うことができます。

ただ持続するからこそ心配なことがあります。
特に初めてED治療薬を服用する方は、服用することによって、ずっと勃起したままにならないか心配になります。
他のED治療薬と違い、服用しても性的興奮を受けなければ勃起することはありません。
また、性的興奮を受けて勃起したとしても、不自然な硬さになることはなく普段と同じような自然な硬さになってくれるのもシアリスの特徴です。

シアリスはどういった副作用があるのか?

効果としてはとても使いやすい薬ではありますが、シアリスを服用するうえで注意しなければならないことがあります。
それは副作用です。どの薬でも副作用が起こるリスクはあります。
シアリスも同じです。シアリスは10mgのものと20mgのものがありますが、飲む量が多ければ多いほど、薬の成分の血中濃度は高くなります。
そもそも勃起しやすくなる理由は、血中濃度が高まることによって勃起が促されるからです。
血中濃度が高くなるまでの時間ですが、早い人ですとおよそ30分で効果が出てきますし、遅い人ですと4時間程度かかってしまいます。

血中濃度が高まると、副作用のリスクも高まります。
シアリスの副作用は、国内外のデータがあり、多少違いはありますが、頭痛、めまい、動悸、高血圧、耳鳴りをはじめとした副作用が生じる恐れがあります。
特に、頭痛やめまい、動悸に関しては発生頻度は高くなっています。
これらの副作用が出てきた場合には、いったん服用を中断して、医師に相談し、薬の量を減らしたり、投与を中止したりするようにしましょう。

また、自分で足りないと思い、医師に処方された用量よりも多く服用することも副作用が起こりやすくなる要因です。
それだけではなく、続けて服用する場合にも注意が必要です。
一回服用して次に飲みたい場合でも、少なくても24時間はあけて飲むようにしましょう。
多く飲めば飲むほど、シアリスの成分が血中に増えていき、その影響で副作用が起こりやすくなったり、より重症な副作用を誘発してしまいます。

使い方によってはとても役に立つ薬ではあります。
しかし一方で使い方を間違えてしまうと重症な副作用につながってしまう可能性もあります。
用法用量を守って正しく服用するように心がけましょう。

女性用に作られたラブグラとフリバンセリン

目次1 フリバンセリンにも副作用が? ラブグラは女性用に作られた女性向けの性欲増強薬です。 ...

即効性で選ぶならレビトラ

目次1 レビトラの威力を最大限に発揮するには? ED治療薬にも様々な特徴を持つものが発売され、個々のニーズに合った商品を選ぶことが可能となりました。 ...

持続時間で選ぶならシアリス

目次1 シアリスはどういった副作用があるのか? 男性にはEDで悩んでいる方が案外多くいらっしゃいます。 特に多いのが40~60代の男性で、約3人に1人がEDの症状が現れています。 ...
TOP