女性用に作られたラブグラとフリバンセリン

女性用に作られたラブグラとフリバンセリン

ラブグラは女性用に作られた女性向けの性欲増強薬です。
女性用バイアグラとも言われ、血流が増加し女性ホルモンの分泌も促されるので感度も高くなり性欲を増進してくれる効果が期待出来ます。

ラブグラを服用すると、体中の血流が増加するので女性器も血流が増加し、膣内の潤いも増す事で、挿入時の痛みもなくなり、感度も上がる等の改善効果を得る事が出来、性交渉の1時間前位に1錠服用すれば効果があります。
服用時の注意ポイントとしてはラブグラの成分は腸から直接吸収されるので食事やお酒等のアルコールに影響を受けやすく、食前食後に服用すると薬の効果が出なくなる恐れがあります。
その為、なるべく空腹の状態で服用した方が良いです。
薬の持続時間はおよそ5時間ほどで特に女性器周辺が敏感になります。

気になるのは副作用ですが、頭痛や顔の火照り、めまいや動悸、鼻づまりや胃もたれといった症状が報告されているので決して重い症状ではないですが服用する時は注意が必要です。

フリバンセリンもラブグラと同様に女性用バイアグラとも言われる女性性欲増強薬です。
男性の性欲増強剤は勃起力を回復させる効果を持っているのに対して、フリバンセリンは女性の性欲を刺激するという効果が期待出来ます。
性交渉をする気にならなかったり、してもいまいち感じなかったり等の不安やストレスを解消してくれます。

服用する事で、女性の性欲を刺激するドーパミンの分泌が促される事で性欲が増強し膣内の分泌液が増え感じやすくなったりします。
さらにドーパミンの働きを妨害するセロトニンが分泌するのを抑えてもくれます。
つまり体に作用するという事ではなく、女性の脳に作用するのがフリバンセリンの大きな特徴です。

ただ副作用もあります。
臨床試験によると、服用した女性全体の5~6割程は性欲が増強するといった効果が認められましたが、一部の女性からめまいや吐き気、眠気が出る、倦怠感や低血圧などの症状が報告されています。

フリバンセリンにも副作用が?

女性用バイアグラと呼ばれる医薬品にはラブグラとフリバンセリンがあります。
しかしラブグラとフリバンセリンは成分や効果、副作用に違いが存在します。
ラブグラは有効成分として男性用と同じシルデナフィルが含まれています。
シルデナフィルは血管を拡張して血流を促進します。
女性の性感帯であるクリトリスは構造がペニスと同じです。
そのためラブグラを服用すると海綿体に血液が流入してクリトリスが勃起します。

ラブグラはクリトリスを勃起させて敏感にするだけでなく、血流を促進して膣分泌液の分泌量を増やす効果があります。
一方で血管が拡張されて血圧が低下するため、副作用として軽いめまいを生じます。
また血圧低下に体が反応すると、脈拍が増えて動悸を感じることがあります。
さらに頭部や鼻の粘膜、消化管などが充血すると頭痛や顔の火照り、鼻づまり、胃もたれを発症します。
副作用は服用者の9割以上に現れますが、症状は基本的に軽いのが特徴です。

ラブグラと同じように女性用バイアグラと呼ばれるフリバンセリンは、抗うつ剤として開発されました。
直接的にクリトリスを勃起させる効果はありませんが、性欲を増進させる効果があります。
フリバンセリンの副作用はめまいや吐き気、眠気、倦怠感、失神、低血圧などです。
不眠症になったり、口が渇く感じがする場合もあります。
めまいや失神は転倒や自動車などを運転中の事故の原因となるので注意が必要です。
副作用はアルコールや避妊薬との併用によって起こる可能性が高まります。

フリバンセリンには狭心症の治療薬や避妊薬、抗生剤、てんかん治療薬、結核治療薬、抗うつ剤などとの併用が禁止されます。
また妊娠中や授乳中の女性、閉経後の女性は副作用を発症しやすいので服用できません。
さらに肝臓や腎臓に障害がある場合には、薬の代謝を上手く行えず副作用が重くなる可能性があるため注意が必要です。

女性用に作られたラブグラとフリバンセリン

目次1 フリバンセリンにも副作用が? ラブグラは女性用に作られた女性向けの性欲増強薬です。 ...

即効性で選ぶならレビトラ

目次1 レビトラの威力を最大限に発揮するには? ED治療薬にも様々な特徴を持つものが発売され、個々のニーズに合った商品を選ぶことが可能となりました。 ...

持続時間で選ぶならシアリス

目次1 シアリスはどういった副作用があるのか? 男性にはEDで悩んでいる方が案外多くいらっしゃいます。 特に多いのが40~60代の男性で、約3人に1人がEDの症状が現れています。 ...
TOP