勃起薬を使いすぎるとどうなる?

勃起薬を使いすぎるとどうなる?

勃起薬は主に心因性ED治療薬で、病院やクリニックで診察を受けて処方を受ける事が出来ます。
しかし用法や用量を守らずに使いすぎてしまうと様々な健康被害を起こしてしまう恐れがあるので注意が必要です。

まず勃起薬は使用する量や回数を増やしたところで勃起持続力が上がる訳ではありません。
基本的にはいくら服用しても期待できる効果は変わる事はないです。
むしろ勃起薬を使いすぎてしまうと血行が良くなりすぎて血圧を急激に低下させる恐れがあり、様々な副作用のリスクを高めてしまいます。
勃起薬は陰茎部分だけでなく全身の血管を拡張させるので、用量を守らないと体の負担も大きくなってしまいます。
血管は体中の隅々まで張り巡らされているので、特に心臓や脳など非常に重要な部分にまで過度な負担がかかってしまうと大変です。

では勃起薬を使いすぎるとどのような副作用が出る恐れがあるのかというと、まず軽度なものでは目が充血したり顔がむくんだり、鼻が詰まったり鼻血が出たり、胃痛や動悸などがあります。
これらは症状としては軽いものなのでそれ程心配する必要はありませんがよくあらわれる副作用です。

重篤なものとしては、勃起持続症や突発性難聴、さらには狭心症等もあるので注意が必要です。
これらの症状になると入院する必要も出てきますし、後遺症が残ってしまう場合もありますし、最悪の場合亡くなってしまう事さえあります。

自分は大丈夫だとの自信から勃起薬を気にせずに次々と大量服用してしまうと予想もしていなかった副作用に襲われる恐れもあるので使用する時はお医者さんに従って決められた量を服用する事が何より大切です。
お医者さんの処方を受けずに海外から容量の多い勃起薬を個人で輸入して使用していると、知らず知らずのうちに用量以上を摂取してしまい体調を崩してしまう恐れもあります。
勃起薬は栄養補助食品でも健康サプリメントでもありませんので使用法は守らなければなりません。

自然とEDが改善される人間の不思議

勃起薬は勃起持続の効果があるので服用したことにより自信がついて勃起不全が改善する側面があるので、結果ED治療薬にもなりえるケースが挙げられます。
勃起薬の注意すべきポイントとして誰にでもおすすめというわけではない点で、セックスできるほど勃起で固くならなかったり(セックスできないほど勃起で固くならないなら必ず使うべき)経験が少なくて中折れや勃起不全が気になることや、セックスに自信がもてないなら有効です。

心因性ED(機能性ED)の場合はED自体の治療を進めながら精神療法(脱感作療法や感覚焦点法や性教育やコミュニケーションやマスターベーションの訓練やパートナーと行うカップル療法やノンエレクト法など)を行います。
勃起不全は「薬を使わなくてもセックスできる」という健康的な状態を目指す事が重要であり、服用に合わせて生活習慣を変えなければずっと薬に頼る事になるため薬に依存してしまうので薬がなければセックスが出来ない結果になります。

例えば食事では主食主菜副菜とバランスよく摂取し牡蠣やウナギなども取り入れ、忙しくて食事にこだわれないならサプリメントで鉛やアルギニンを毎日取ることで健康増進と勃起力アップを狙います。

他には勃起を促す男性ホルモンであるテストステロンが分泌させるために睡眠をよくとり、仕事場が遠くて睡眠時間をあまりとれないなら睡眠の質を上げる(例:寝る前にスマホを使わない事寝る1時間前までに40度程度の風呂に10分入ったりホットミルクやストレッチやアロマなど落ち着ける工夫をするなど)事、勃起力改善のエクササイズ(スクワットやウォーキングやランニングと言った有酸素運動やPC筋トレーニング)やセックスを想定した(ここが重要)オナニーを行うと言った事も薬に頼らず自然とEDの改善が期待できるところです。

持続時間で選ぶならシアリス

目次1 シアリスはどういった副作用があるのか? 男性にはEDで悩んでいる方が案外多くいらっしゃいます。 特に多いのが40~60代の男性で、約3人に1人がEDの症状が現れています。 ...

即効性で選ぶならレビトラ

目次1 レビトラの威力を最大限に発揮するには? ED治療薬にも様々な特徴を持つものが発売され、個々のニーズに合った商品を選ぶことが可能となりました。 ...

勃起薬を使いすぎるとどうなる?

目次1 自然とEDが改善される人間の不思議 勃起薬は主に心因性ED治療薬で、病院やクリニックで診察を受けて処方を受ける事が出来ます。 ...
TOP