カマグラゴールドで勃起の効果を確認する

カマグラは勃起不全の治療薬として作られたジェネリック医薬品であり、バイアグラと同じ主成分をしようして構造式も近いので、バイアグラと同程度の勃起状態を生じます。
それまで、性的興奮を覚えても物理的な刺激を与えても満足のいく勃起が実現できなかったという男性にとっては、薬を服用するだけで以前の勃起に近い状態になってくれるというのは嬉しいことです。
高い効果と安全性には定評のあるカマグラゴールドなので、一度使ってみて自分でこの高い効果を実証してみて下さい。

カマグラゴールドがEDに効くメカニズム

カマグラはインドの製薬会社が製造しているジェネリック医薬品であり、インド国内で販売されているものがカマグラゴールド、国外に輸出されているものをカマグラと呼びますが、名前が違うだけでその中身は全く同じです。
カマグラゴールドがEDに効果的なのは、主成分としてシルデナフィルを使用していて、このシルデナフィルはED治療薬として高い評価を受けているからです。
血液は血管にある筋肉が収縮することで前方に押し出されて流れて行くのですが、加齢や運動不足などで筋肉の働きが弱くなると血管の筋肉も悪くなっていき、硬くなって縮んだまま緩まなくなってしまいますので、血管が狭くなって血行不良となってしまいます。
この血管の筋肉が硬くなってしまう原因は、筋肉を緩ませるために必要になる、サイクリックGMPという物質を分解してしまうPDE5という酵素が増加するからであり、シルデナフィルはPDE5阻害薬としてサイクリックGMPにPDE5が近づかないようにする作用が有ります。
サイクリックGMPが働くと硬くなった血管の筋肉が緩むので血管が拡張され、拡張された血管に血液が流れ込んで勃起不全の状態を改善してくれるのです。
男性の陰茎が勃起するメカニズムというのは、性的な興奮を脳が感じ取り、その情報を中枢神経を使って陰茎周辺部に伝えられると、陰茎にある海綿体の毛細血管に血液が多く流れ込んで勃起の状態となります。
そのため勃起が十分に出来ない理由として肉体的に原因がある場合、その多くが血行不良から来る海綿体への血流量不足があります。
血行不良によってEDとなっている男性が服用すると一時間程度で効果が出てくるのですが、このカマグラゴールドはED治療薬という名前になっていますが勃起の原因自体を治療するのではなく、勃起が起きなくなった原因を一時的に取り去って勃起を誘導してくれるだけなので、服用して何もしなければ満足な勃起状態を得ることは出来ません。
つまり服用して勃起の状態が発生してもそこに性的興奮がなかったり、陰茎に刺激を与えたりしなければ再び元の状態に戻ってしまいます。
それが勃起を誘導するという意味であるので、服用した後も勃起を促すための最低限の努力は必要になります。
勃起状態を呼び起こしたいために服用したのですから、その目的である性行為をするための準備だけはしっかりと行ってくれなければ、せっかく高い効果があるのに意味がなくなってしまいます。

カマグラゴールドの副作用って?

カマグラゴールドは主成分としてシルデナフィルを使っているので、このシルデナフィルを使用した他の同種の勃起治療薬と同じような副作用を発症してしまうこともあります。
その副作用の原因は、勃起不全を改善するために血行不良となっている血管を拡張させる作用にあり、血管が拡張されるのが陰茎周辺部だけではなく体全体で起きてしまうため副作用を起こしてしまうことがあります。
特に多いのは、頭部で血管が拡張されることで起きる頭痛や顔の火照りなどです。
この頭痛は、頭部の血管が拡張したために血圧が低下したことで引き起こされます。
ただこの頭痛というのは、血管を拡張させて勃起不全を改善する薬を服用すれば出てしまう症状でもあります。
時間の経過と共に治ってしまいますが、そこには個人差というものが存在するので強く感じてしまう人もいるでしょう。
そして顔の火照りは多くの血液が顔の血管に流れたために起きる現象であり、運動すると顔が火照るのと同じ原理で発症するのでそれほど心配する必要はないのですが、カマグラゴールドを服用した人がこの頭痛と顔の火照りというのを多く発症しています。
他には顔に血液が流れ込む時に鼻の粘膜周辺の血管が充血するので、鼻づまりとなって発症する場合も有ります。
これは風邪などで起きる鼻づまりと同じような状態であり、それによって呼吸不全を起こすといった重篤な症状にまでは発展しません。
また薬の効能に慣れていないと消化器系に異常を来たす場合もあり、吐き気や下痢などを起こすこともありますがこれは体がまだカマグラゴールドに慣れていないため、異物と判断して体外に出そうとする作用から起きる現象です。
服用を続けると体が異物ではないと判断してくるようになるので、この消化器系の異常は次第に治っていきます。
どうしても治らない場合は体質的にカマグラゴールドが合っていないかもしれないので、医療機関に相談したり別の治療薬に切り替えたりしてみて下さい。
カマグラゴールドは血行を短時間で良くするために血管を拡張するので、この副作用は比較的多く発症するようですが、気になるほどに重症化することは殆ど無いので安心して下さい。
この治療薬の効果の持続時間は4~6時間程度であり、その効果が薄れると共にこの副作用も治っていくのが通常となっています。

副作用が強いときはどうする?

カマグラはインドの製薬会社が製造しているED治療薬であり、ジェネリック医薬品であるので価格が抑えられていて購入しやすくなっています。
ただし海外の製薬会社で製造しているので購入するには通販で購入する場合が多く、個人輸入で購入している人もいます。
今は個人輸入といっても輸入代行業者を介して行えるようになっているので、それほど難しい手順を踏む必要はなくなっています。
ただ個人輸入をしなくても、輸入代行業者が開設しているサイトを経由すれば通販として簡単に購入できるようになっているので、価格も手頃であり購入は通販で行う方がいいでしょう。
通販というのは自分で医療機関に行かなくても薬が入手できるので楽ではありますが、専門となる医療機関で処方してもらっていないので、副作用についての情報を詳しく知っている人は多くはないでしょう。
そこで困るのはカマグラには副作用があり、そこには個人差から強く感じてしまうケースも出てくる可能性があるということです。
カマグラがEDに効果があるのは、血行不良で陰茎に流れる血流量が減少した体質を改善するために血管を拡張する作用が有るからです。
この血管が拡張する作用は特に頭部に発症しやすく、服用したために頭痛を発症するというケースは多く出ています。
この頭痛は頭部の血管が拡張して血圧が低下するために起きる現象であり、時間の経過で軽減していきます。
しかしカマグラが体質的に合わなかったりすると、この頭痛も強く出てしまう場合もあります。
時間が経てば改善はしていきますが、どうしても気になるのでしたら市販の頭痛薬を服用しても差し支えありません。
カマグラにも併用しての使用が禁止されている薬が有りますが、市販の頭痛薬は特に問題が無いとされています。
それは市販の薬には医薬品としての成分が含まれていないからであり、頭痛薬として医療機関で処方されたものについては併用してもいいのか確認を行って下さい。
血管を拡張する作用というのは思ってもいない場所で異常を起こすことも有り得るので、副作用が強いからと簡単に別の薬を使うのは極力避けて下さい。
市販の頭痛薬も使用が差し支えないだけであり、実際は自然治癒で治すのが賢明な方法です。
カマグラは副作用として重篤なものは報告されていないので安心して服用できる薬では有りますが、やはり薬であるのは間違いないので、その使用には十分に注意を払って服用するようにして下さい。

TOP